助産師求人サイトで助産師になろう!

助産師として、誇りを持って働く為に・・・

助産師求人サイトで助産師になろう!



赤ちゃんが「おぎゃー」と元気な産声をあげた時――その瞬間は幸せな空気に包まれます。 その新しい生命の誕生に立ち会えることこそが、最大の助産師の魅力です。 ここでは、助産師という仕事の魅力はどこにあるのかを具体的にお話したいと思います。

産婦人科の医師との相違点は「助産師は陣痛から出産まで、ずっと付き添っていること」です。 信頼関係が生まれるのは、陣痛の辛い時期に一緒にいるからで、心を通わせて一緒に赤ちゃんを迎えてあげられた時には同じ女性として喜びもひとしおでしょう。

病院の中で、産婦人科は赤ちゃんの声が聞こえ、明るい雰囲気に満ち溢れていますし、出産直後のお母さんの笑顔は本当に美しいと思います。 赤ちゃんを抱っこして笑顔で退院されていくご家族を見守れる仕事です。

助産師は女性ですから、いつの日にか結婚をして自分自身が子どもを産み育てるシーンを迎えることもあるかもしれないです。 そういった時になって、夜勤もあるハードな総合病院での仕事をこなしていくのは困難かもしれません。

しかし助産師の資格があれば、助産師求人サイトを通じて自分のライフサイクルに応じて働き方もできます。 数年間、助産師の仕事を経験しておれば、どこでも仕事ができるでしょう。 助産師の有資格者は極めて少なく、どこでも重宝されますから就職に困ることは少ないです。

看護師や保健師などの医療職は認められていませんが、助産師は開業権を求められているのも大きな違いです。 「母乳ケア」「育児相談」「新生児訪問」と出張助産師として地域密着型の仕事ができます。 スキルアップをして分娩を取り扱う助産院を開業することによって、じっくりと妊婦さんや産婦さんと向き合えます。 助産師は、病院でも地域でも女性から頼られる存在になりますから、常に自己研鑽を積まなければなりません。

以上、助産師という仕事の魅力はどこにあるのかを具体的にお話ししました。 出産は必ずしも思い通りに進むケースばかりではなく、時には悲しいこともあります。 辛いシーンがあっても赤ちゃんやママたちの笑顔や感謝の言葉で頑張ろうと思える――そんな魅力がある仕事が助産師です。

長野県助産師会

助産師になろうと思ったきっかけは

助産師は仕事も大変になりやすく、やりがいや使命感を持って取り組まないと長続きしない仕事でもあります。新しい 命の誕生の際には周りの準備や体制を整えておく事が大切になり、助産師はそうした出産に関するサポートを全般的に 行うのが仕事です

。助産師になろうと思ったきっかけは人それぞれですが、まず多いきっかけとして、自分も出産の時 大変だったので、今度はそのお手伝いをしたいというものです。

助産師は看護師の方がなる事ができますが、看護師として仕事を始めて結婚し、出産を経た後に助産師への道を志す 方もいます。こうした方は自分の経験を元にして仕事をする事ができ、家庭と仕事の両立で大変な面はありますが、 やりがいは大きくあると言えます。

最近ではこうした子供がいる助産師の方を支援する勤務制度なども整っているため 働きやすい環境が整えられつつあります。時短勤務制度や育児休暇などがそれに当たります。

次に映画などがきっかけになったという方もいます。映画でも出産などのシーンがある映画もありますが、こうした映画を 見て助産師になろうと思ったという方もいます。人によって感じるものは様々なので、何が大きなきっかけになるか分かり ません。

将来何をしたら良いのだろうという方も、こうした映画などでの興味をきっかけに仕事を決めるというのでも良い のです。仕事をしていくうちに、徐々にそれが本当のやりがいに変わっていくという面もあります。

また、助産師の仕事を実際に見てというケースもあります。助産師の仕事ぶりは普段はあまり見る事はありませんが、知り 合いの方のお見舞いなどで産婦人科を訪れた時や、テレビの特集などで妊婦の方の特集を見た事をきっかけとして興味を持つ 方もいます。

実際に仕事ぶりを見て、その頑張る姿に魅力を感じたという方は多いです。きっかけはそれぞれですが、あなた なりの理想の助産師を持つ事は仕事のやりがいにも繋がりとても大切です。理想を目指して頑張って欲しいと思います。

助産師の方が感じる仕事での大変な点

助産師の仕事は大変な仕事と言われる事も多くあります。そうした評判が立つには、やはりそれだけの理由があります。 助産師として仕事をしている方の多くが大変と感じている点のまず一つめは、勤務時間が不規則になりやすいという点 です。

助産師は妊婦の方の出産の介助を行ったり、妊婦の方の出産前後のサポートを行うのが主な仕事です。出産前後は あまり不規則になる事はありませんが、お産が始まる直前期はスケジュールが読みにくい事も多々あります。

出産はやはり自然の出来事なので、正確にタイミングをここと判断するのが難しく、早産などで予期せぬタイミングで 出産のタイミングが来るときもあります。そうした時は緊急の対応が必要になり、助産師を含めて産科の方達の仕事は 忙しくなります。

こうした事がひと月の中でも多くあるため、助産師の方の仕事は不規則になりやすいのです。残業が 多めになる事や休日に呼び出しがかかる事なども多く、こうした事が負担に感じる方もいます。

次に生命の誕生には感動もありますが、ショックな事もあるという事です。赤ちゃんが産まれてくる時はとても大きな 感動を伴う事も多いです。

おめでとうございますという声が次々に上がり、そうした新しく産まれる赤ちゃんと妊婦の 方の笑顔で仕事が頑張れるという助産師の方も多いです。ですが、出産にはそうしたケースだけではありません。残念 ながら、元気な状態で産まれる事ができない赤ちゃんもおり、こうした事にショックを受けてしまうという事もあります。

また、助産師は看護師の資格を持っている方が別途助産師の資格を取る事でなる事ができる、専門性の高い仕事ですが、 世間での認知度があまり高くないという事も不満を持っている助産師の方もいます。

看護師の方は仕事が大変という イメージが付いていますが、助産師はあまり広く仕事が認知されておらず、産婦人科の産婆さんというイメージが強い ため、その専門性の高さへの評価が十分認められていない現状があります。